データ制作Tips

期待通りの仕上げにするために必要なデータ制作時のポイントをまとめています。データ制作前にぜひご確認ください。

クリアファイル溶着部分のデザインについて

クリアファイル下部やサイドにある溶着部分にも写真や背景などを印刷することは可能です。しかしながら、文字やロゴなど大切な内容を配置するには向いていません。
溶着加工を施した際に細かな凹凸が発生いたします。文字などを配置するとその凹凸により見えにくい状態となります。
データ作成時にご利用いただく雛形には、溶着部分が分かるようにガイドがあります。文字やロゴなどは最も内側にあるガイドライン枠に収まるようにしていただくと安心です。

表面・裏面で異なる背景デザインについて

表面と裏面で異なる背景の場合、センターの折り目よりもデザインがはみ出ていないかご確認ください。
はみ出ている場合、クリアファイルの形状になった際に意図しない仕上がりとなる場合があります。ご入稿前に十分ご確認ください。意図的にはみ出させるお客様もおられるため、弊社データ確認時にはチェックいたしません。
(仕上げの誤差により表面に裏面の背景が出ないよう、意図的に裏面に表面背景を少しはみ出させたデータをご入稿いただくお客様もおられます)

  • カラーデータ
  • 雪の結晶部分が透明となり緑色の背景が無くなります。

スミ100%の色指定について

デザインを制作される上で、よく使用される黒色(K100%)について注意をいただく必要がございます。
一般的にクリアファイルを始めとするオフセット印刷では、黒色(K100%)の色指定をいただいている部分は「スミノセ」という処理を自動で行います。これは印刷時の用紙(フィルム)の伸縮などにより、小さな文字の周りに白い隙間が出ることを防ぎ綺麗に仕上げるために行われる処理です。
「スミノセ」処理を行うと、黒色の印刷の後に、背景のカラーも重ねて印刷を行うため、白い隙間が出なくなります。
オフセット印刷では、一般的にスミ → シアン → マゼンダ → イエローの順に印刷を行います。
※K100%部分をラスタライズやフォトショップで編集などをした画像の場合には「スミノセ」処理は行われません。

黒色(K100%)は背景の色に注意

黒色(K100%)は「スミノセ」処理を行うため、下記の様に写真の上に黒色(K100%)がある場合、「スミノセ」処理により黒色部分が透けた様に見えてしまいます。ただし、小さな文字や罫線など面積の少ない部分だと気になりません。また、黒色の背景が均一な色の場合には気になりません。

また、下記左図のように黒色(K100%)の下にある背景色(C100%)が途中で色が変わる場合も注意が必要です。
下記の例ではデータ上はスミ100%の背景にシアン100%のベタを配置しています。
実際の印刷時には、黒色(K100%)は、「スミノセ」処理を行いますので、2つの色が重なっている赤枠部分は、シアン100%、スミ100%の色となるため、背景にシアンの無いスミ100%のみのところとは、濃度差が生じ薄く見えてしまいます。

文字に白フチを付ける際にも注意が必要です。
白フチ部分の「塗り」に色が入っていない場合、上記同様濃度差が生じる為下記の様に不自然な仕上がりとなります。
それを防ぐには、「塗り」にも白色を設定していただく必要があります。

  • カラーデータ
  • ニス版データ(オレンジ色部分)
  • 雪の結晶部分が透明となり緑色の背景が無くなります。
  • カラーデータ
  • ニス版データ(オレンジ色部分)
  • 雪の結晶部分が透明となり緑色の背景が無くなります。

意図しない「スミノセ」を防ぐにはスミ以外に1%を追加する

写真や背景色に違いがある場合でも「スミノセ」処理により意図しない仕上がりになることを防ぐ方法があります。「スミノセ」はスミ100%の部分にのみ自動的にかかる処理になりますので、「シアン1%、マゼンダ0%、イエロー0%、スミ100%」のように、スミ100%で無い色を指定することで防ぐことが可能です。ただし、小さな文字などは上記の例のとおり、濃度差が目立ちませんのでスミ100%のみにしておくことをおすすめいたします。

印刷されないヘアラインについて

ヘアラインとは、画面上やプリンター、複合機などで出力をした場合には表示されますが、実際の印刷時には印刷されないまたは、極度に細い線のことをいいます。
Illustrator上では「塗り」には色が入っているが、「線」には色が指定されていない(線パレットで数値が空白)罫線となります。罫線は「線」に色を指定いただき、「線幅」を0.25pt以上を設定してください。それ以下の場合には色などの指定により正しく印刷されない場合があります。

Illustratorデータ入稿ガイド

最近見た商品

Copyright 1998-2019 Hankoya.com, Inc.